健康才是资本

健康的饮食,才有好的健康身体

赤ちゃんのための健康的な食器選び、これだけは避けたい!? 油断し...


テーブルウェアは、子どもの食事のように単純なものではありません。 気に入ったカトラリーを用意することで、赤ちゃんが食べることに興味を持つようになります。 3歳になる前の赤ちゃんは、手の筋肉が十分ではなく、手が協調していません。 ボウルで独立してdisposable wooden knife食べることで、小さな手首の筋肉の協調性を鍛えることができます。 赤ちゃんは自分で食器を選ぶことができませんが、親が自分で食器を選ぶときには、より注意を払うことができます。


カラーテーブルウェア


一部の食器の装飾的なデザインや、文化的に明るい色のプラスチック製の食器には、潜在的な情報セキュリティリスクがあります。 例えば、着色されたセラミック食器を介して一般的に鉛の一定量を含む顔料を使用することができ、一部の企業はカドミウム、高有機酸含有量と酢、ジュース、野菜や他の食品を提供するために、これらの食器の使用の長期的な発展は、食器の鉛などの重金属材料は、浸出され、体の蓄積に食品会社で動作し、時間をかけて、それは慢性的な鉛中毒をトリガすることは容易であろう。 赤ちゃんは大人の6倍の速さで鉛を吸収するため、過剰な鉛は赤ちゃんの知的発達に悪影響を及ぼします。


割れやすいカトラリー


赤ちゃんは手先が不器用なので、「失敗」はしょっちゅう起こります。 一方で、食べ物やカトラリーの無駄遣いにつながり、一方では子どもに傷をつけてしまい、子どもが自分で食べることを学ぶ自信を失いやすくなります。 きちんとした安全な模造磁器や、ポリエチレン、ポリスチレン、ポリプロピレンなどのプラスチック製の食器を選びましょう。 再生プラスチックや黒色顔料を使用したプラスチック、非食品用プラスチックを食品の保存や包装に使用しないでください。 メラミン食器は、底部に企業の詳細と生産ライセンスのqsマークと番号があり、均一な着色、変形、滑らかな表面などを見ます。家に買った後、沸騰したお湯で30分茹で、30分空気に触れさせ、再び30分茹で、これを4回繰り返し、白と黒の斑点があれば、それは標準以下の品質です。


大人との食器の共有


節約のために、赤ちゃんに大人用の食器を使わせるようなことはしないでください。 なお、大人用のテーブルウェアは、サイズや重さの点で子どもには不向きですのでご注意ください。 子どもの手には大きすぎてコントロールできないため、自分で食べられるようになるのが難しくなります。 また、大人と食器を共有することで、大人の病気を子供にうつしてしまう危険性もあります。


一般的に子供用食器は、赤ちゃんの年齢に合わせて、清潔で衛生的なもの、安全で無害なものを選び、その上で赤ちゃんが気に入って喜んで使ってくれるものを選ぶべきだと言われています。 そうすれば、ママやパパは赤ちゃんが好きなだけ食べる姿を見ることができます。


美味しく健康的に食べるためには、適切なボウルやプレートを選ぶ必要がありますね

陶器、ステンレス、模造磁器、プラスチック、さらにはチタン合金など、さまざまな食器が販売されています。 どのような素材を使うのが良いのでしょうか?陶器の食器は、私たちが使っている食器の中でも最も古いものの一つです。以前は、陶器の食器は無害な食...


Wie verwenden Sie Einweggeschirr, um hygienisch sicher zu sein? Lesen Sie den Artikel!

Viele Menschen benutzen gerne Einweggeschirr, wenn sie auswärts essen, weil sie denken, dass es bequem und hygienisch is...


親が子供のためにカトラリーを選ぶ!? この4つのことをすれば、赤ちゃんはもっと好きになりますよ!

赤ちゃんが補完食を食べるようになったとき、食器は赤ちゃんの食べることへの興味や、健康的で安全な食事ができるかどうかに影響します。 しかし、様々な種類の食器が販売されている中で、どれが自分の赤ちゃんに合っているのか悩んでしまdisposabl...